FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年「クリスマスの約束」は、小田和正さんやサポートする後輩アーティストたちの美しい声と絶妙の声のアンサンブルを聞きたくて、欠かせない番組です。

今年は、「クリスマスの約束」が始まった時小田和正さんの思いや、それから積み重ねてきた思いを聞くことが出来ました。

みんながそれぞれの歌を愛することが出来たら。
みんなで声を合わせてそれぞれの歌い手さんの歌を歌い上げることが出来たら。
オフコース、小田和正さんの自分にしかないオンリーの世界を作り、貫いてきた小田和正さんが今この言葉を言うのは、「自分がやり残しておいてはいけないことは何」って考えているんです。

大学時代にオフコースを知り、あの和音の世界にはまってしまってから、さて、もう40年以上がたとうとしています。
あのころは、自分の気持ちにオフコースの歌がぴったりはまって、よく、オフコースの歌を聞き夜長を過ごしたりしたものです。(失恋したときが多かったのですが)
そのころ、吉田拓郎さん、赤い鳥、松任谷由美さん、オフコースと、Jフォーク、ポップの世界で音楽の形を変える人たちが沢山出てきて、音楽を聴くのが楽しみでしょうがないという時代でした。
その中に、シティポップの山下達郎さんもいました。
山下達郎さんは、小田和正さんの出演要請に、「あのころライバルだった小田さんから誘われるのは光栄なこと。ですが、メディアに背を向けてきた私は、出ることは出来なくなってしまった。」と気持ちを表明しています。

ぜひとも、山下達郎さんとともに「クリスマスイブ」を歌う姿が見れたらいいなと、昭和の時代に若者だった私は思うのです。
「クリスマスイブ」は、山下達郎さん以外のほかの誰が歌ってもどうもしっくりこないのですが、小田和正さんなら、「クリスマスイブ」を素にして、山下達郎さんとの驚くような和音とリズムを作ってくれるような気がするので。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taishokugomainichi.blog.fc2.com/tb.php/79-9cd187f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。